忍者ブログ

終わりなき関東遠征への道

名古屋大学航空部の大会報告がメインです。

2020七大戦【慣熟日】

こんにちは、名古屋大学航空部3年の佐藤です。
投稿が遅れて申し訳ありません。

2/27(木)は慣熟日でした。この日は前日から非常に良い条件が見込まれておりました。

10時に発航開始し、2発目の東大チームが滞空を始めました。
名大チームは4番目の発航順でしたが、1順目の3回浅山選手は滞空できませんでしたが、チェックフライトは無事に終えました。次に私、3回佐藤がチェックフライトを行いました。一年ぶりの関宿でのフライトで上空からの地形慣熟を行いました。続けて、3回川口、伊藤がフライトを行いました。伊藤は少し滞空し、第1旋回点の慣熟を行うことができました。

名大の2順目は浅山がR/Wの北東でサーマルを掴み、5000ftほどまで高度を獲得し、第1旋回点へ向かいました。その後も第2旋回点の付近などで高度を獲得し、第2、3、4旋回点を次々にクリアしました。その後R/Wの北西1kmで高度が1150ftほどまで落ちてしまったものの、再度サーマルを掴み、5500ftほどまで上げてワングライドで第5、6、7旋回点を回り、見事ゴールしました。


見事周回し、ランディングする浅山選手

次の発航は再度私が飛びました。浅山選手と同じR/Wの北東1kmあたりでサーマルを捉え、このサーマルで5600ftまで上げてブレイクし、第1旋回点に向かいました。グッドエアーを探しながら直線飛行していると+5m/sのコンバージェンスにあたり上限高度である6000ftに近づいたため、速度をつけて高度を落としました。その後第1旋回点をクリアしたものの、最終着陸時刻である16:00に近づいていたため、ダイブを開いて高度処理をし、着陸しました。



慣熟日では、関宿滑空場の強いサーマルを体感することができるとともに旋回点もしっかりと確認することができました。皆様もご存知の通り、残念な結果となってしまいましたが、来年度の七大戦に向けてサーマリングなどの技術を磨き上げて臨みたいと思います。今後も応援よろしくお願い致します。
PR

2020七大戦【集合日】

こんばんは!2年ぶりの投稿となります。
名大3年の中田です。

今日は七大戦集合日でした。

開会式の後、北大日口教官や東大井上教官による学科や、名大内の作戦会議を通じて、明日からのフライトに向けてしっかりと準備をすることができました。

また、本日の夕食はコットンからいただいた材料を用いて美味しいパスタを作りました!
監督からも「お店のプロの味だ!」とお褒めの言葉をいただき、今大会の料理長岩野に期待が膨らみます。

最後になりましたが、丸橋様、山様、吉川様、延山様より沢山の差し入れを頂き、選手一同元気に大会に望むことができそうです!!
本当にありがとうございます!

2020七大戦【陸送日】

今晩は。お久しぶりです。3回川口です。

本日は、七大戦陸送日でした。トレセン以来の関東遠征。普段飛ばない地へ向かうのはワクワクするものです。

十分に車やトレーラーの準備は十分に行なっていたのもあり、陸送は何事もなく順調に終わりました!よかった!

夕方四時ごろに関宿訓練所に到着し、炊事道具や寝床の準備をしたのち、ゆっくり温泉に浸かりました♨️

開会式は明日のお昼からなので、それまでの時間は有意義に過ごせるようにしたいと思います!


東海関西【7日目&最終日】

こんにちは!3回川口です!
大会7日目および本日最終日の報告をまとめていたします!

7日目は早くから風が変わり、10:00ごろには南向きで発航し協議を行いました。ポツリポツリとコンディションはみられたものの、滞空することのできない厳しい日でした…。

そんな中、OBの縣さん、長屋さん、本橋さん、浅野さん一行が応援に来てくださり、差し入れもくださったので、選手クルー一同とても元気が出ました!ありがとうございました!


喜ぶ神山選手と浅山選手


とても喜ぶ浅山選手

夜にはレセプションが行われ、美味しいものを食べつつ、大学の垣根を超えて交流が深まるとても楽しい時間を過ごしました。

そして迎えた最終日。朝のウェザーブリーフィングでは、競技自体は行えるものの、気温のあまり上がらない、条件の見込まれない1日になる予想でした。実際ランウェイ周辺は曇って気温が低く滞空条件が出ず、気温が上がることを期待して待機時間を設けたりと、選手ミーティングにて幾度も競技の方針について話合いが行われましたが、お昼休みになるタイミングで、ついに競技の終了が決定しました。

係や宿舎のクローズ後に閉会式が行われました。結果ですが、

個人
1位 名古屋大学 4年 細木雄斗1000.0点
2位 大阪大学 4年 岩本恵実 932.3点
3位 名古屋大学 4年 鈴木悠太郎 888.2点
4位 立命館大学 3年 山田 大誠 858.4点
5位 関西大学 4年 岸本祥太郎 807.2点
6位 立命館大学 3年 千原一歩 420.0点

団体
1位 名古屋大学 1888.2点
2位 立命館大学 1287.4点
3位 大阪工業大学 11.0点

(敬称略)

名大は見事、個人団体両方で優勝することができました!条件が悪くても粘り強く選手、クルー一丸となった結果が競技結果に反映されて、とても誇らしく思います。今まで応援してくださった皆様も、本当にありがとうございました。この後もトレセンや名大合宿と、腕を磨く機会は沢山ありますので、しっかり経験を積み、来年の全国大会で優勝できるように精進して参ります!


選手一同!


名大チーム!


名阪でパシャリ!!!


溢れ出す喜び!お疲れ様でした!

東海関西 【6日目】

こんばんは、名大3回の佐藤です。
本日は東海関西6日目で、現時点で今大会中1番のビッグデイとなりました!

10時に競技が開始され、12時頃から北風が吹きはじめ、それと同時に滞空する機体が出てきました。そうした中、まず、阪大の岩本さんが周回し、それに続くように関大の岸本さん、立命の千原と周回が続きました。
名大も負けずに発航しようとしたところ、無線トラブルにより1時間ほど待機の時間があり、ムズムズする時間が続きました。しかし、発航が再開すると、名大4回の細木さんも見事周回し、さらに岐大の今井さん、立命の山田も周回しました。
そして、次第に滞空する機体が減ってくる中、名大4回の鈴木さんも粘りのフライトを見せて、見事ワンポイントの得点フライトをして、帰ってきました!


鈴木さんを見守る4回生の2人

今日の空

最後に、6日目終了時点での点数をお知らせします。

個人
1位 名古屋大学 細木選手 1000点
2位 大阪大学  岩本選手 932.3点
3位 名古屋大学 鈴木選手 888.2点
4位 立命館大学 山田選手 858.4点
5位 関西大学  岸本選手 807.2点
6位 立命館大学 千原選手 415点
団体
1位 名古屋大学 1888.2点
2位 立命館大学 1273.4点
3位 大阪大学   932.3点
4位 関西大学 807.2点
5位 大阪工業大学 11点
6位 岐阜大学 9点

twitter

カレンダー

02 2020/03 04
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

プロフィール

HN:
名古屋大学航空部
性別:
非公開

バーコード

ブログ内検索

カウンター