忍者ブログ

終わりなき関東遠征への道

名古屋大学航空部の大会報告がメインです。

久住山岳滑翔大会 Final

こんばんは
愛知に帰ってきました2回の成瀬です

遅くなりましたが久住山岳滑翔大会最終日の様子をお伝えします


最終日は前日に引き続き朝から快晴、雲はなく、
ときおり強い西風がR/Wを吹き抜けました


この日は5/5
そう、端午の節句ということで…

吹き流しがこいのぼりに!



遊び心あふれる久住滑空場に選手の心もなごみます

前日の、雲底待機からの条件爆発で30分滞空者が8名、
1ラウンドは残すところ10名という状況

普段であれば時間的に2ラウンドは成立しそうですがそこは久住、
急な天候の変化で1ラウンドのみで終わる可能性も。

そんな予想もあり、すでに飛んだ選手は今まで以上に効率よく回るよう、
まだ飛んでいない選手はワンチャンスを逃さないように真剣さが増します

しかし、そんな選手の意気込みとは裏腹に、前日とはうってかわって雲一つない青空

ウィンチ上空やコテージ上空を狙うものの、
サーマルは小さく、見た目以上にあれておりなかなか滞空・高度獲得につながりません


フライト順39の中村も果敢に挑みました!





が、4分6秒と粘ったものの高度は稼げず…

9:30ごろから2ラウンドが始まりましたが、強い横風が不定期に吹き始め、
13:00ごろには全員待機の号令が


千里を係留~



なにやら指示を出している岸
をあんまり聞いてなさそうな同支社穂積
を冷静に見つめる九工大松村さん



とびたいお~




風やめ~



そんな中徐々に騒ぎ出すR/W…
なにかと思えば


!!!!!!



浄水器で有名なタカギの社長がパイロットの方とともにさっそうと登場!

そのさわやかなボディと飛ぶ姿に、
選手たちはもちろん滑空場に見学に来ていた一般の方の視線も釘づけ



待機中のR/Wは一時モグラ撮影会の会場と化していました


天候の都合で残念ながら30分もしないうちに再び飛び立って行ってしまいましたが
若干ぐだっていた選手たちのテンションは確実にあがりました
のりたかった!!




が、上がったテンションもむなしくその後風は安定せず
14:00ごろにあえなく撤収
15:00からの閉会式で第30回久住山岳滑翔大会は幕を閉じました


もっと久住で飛びたかった!というのが正直な感想ですが、
その数少ないフライトも木曽川や大野ではほとんど体験しない気流の中で飛び、
自分の技量の拙さ、普段の基礎的な操縦の必要性をひしひしと感じることができました

また初めてのソアリングを競う大会ということで、
良い成績は残すことができませんでしたが
自分たちの度胸・判断力で飛ぶ楽しさと難しさを知れたと思います


岸に関しては、朝の静穏な上空を、前後が4分もたたずに帰ってくる中
粘りに粘り6分半という成績を残すことができました



そしてなにより、久住の大自然で飛べたこと、全国の仲間と過ごした時間、
どれもこれもめったにない経験で、本当に本当に楽しかったです



















騒がしい東海関西勢に負けることなく盛り上げ、まとめて、待機日にはおいしいものをたくさん教えてくださった
すてきな西部の方々、ありがとうございました!







久住、最高ですっ!!
PR

久住山岳滑翔大会 Final(仮)

こんばんは、2回の成瀬です
電波が不安定なフェリー内でブログを書いていたところ、なぜか下書きが消えてしまいました

取り急ぎ結果だけお知らせします
詳しい内容は名古屋に帰還してからでお許しください…



優勝 大阪工業大学 園山友紀 1165.5点
準優勝 関西外国語大学 松村成史 1136.0点
3位 九州工業大学 松村亮佑 1115.5点

………

成瀬摩希子 217.3点
岸尚幸 187.8点
中村早智 154.7点

久住山岳滑翔大会 Day5


こんばんは、二回生の中村です。
午前に雲底待機があったものの、昼からは晴れ!
条件爆発の時間もありました。


今日は1ラウンドの4分の3ほど発数が回りました。
発航順が1番と岸と15番の成瀬は競技フライトに




岸着陸!

成瀬の順番!

クリア確認・・・

サムアップ!

離陸~

飛んでいる姿はやっぱりかっこいいですね!


順位の発表は1ラウンド終了後なので、明日発表です!
私、中村は明日8番目にフライト予定です。
久住の空を少しでも長く楽しみたいです^^

短いですが、消灯時間も過ぎているのでここまでで・・・

おやすみなさい~

久住山岳滑翔大会 Day4

こんにちは。
今日はフライトしていない岸です。
<そして実は2回目のブログ書きです。ネット状況が整ってない久住で悲惨な目にあってしまいました。
悲しいです。


今日は、昨日の名大内でのウェザブリで条件が爆発すると思われていましたが…こんな天候です。



つまり…雲底待機!
そして雲が晴れたのちは…風待機!
これが久住のノーマルだそうです。久住怖し。
たださすが高原にあるランウェイだからか景色は素晴らしいです。
なんだかピクニックに来た気分です。
完全に大会ムードじゃないですね(笑




午前も終わりごろ、やっと待機解除。
成瀬のフライトは2発目です。
しゅっぱつしゅっぱーつ!(って西部では言わないんですけどね。




成瀬のフライトは5分50秒。今日の条件にしてはかなり良いタイムです。
お昼御飯も食べながら飛ばして、慣熟フライトが終わるように皆必死です。

3時過ぎごろ39番目中村。
日射もなくなってきた頃に出発!
3分半で無事帰ってきました。
風が吹き荒れる+普段慣れないランウェイ+ショートは崖下へ落下という状況でよく帰ってこれたと思います。




慣熟フライトがすべて終わり、第1R開始かな…という頃の天候。
条件がいいようには全く見えません。
中村曰く、上空は荒れててバリオがプラスには振るもののただ荒れているだけという状況らしいです。


こんな中で飛んだらあっさり帰ってこなければならないかな…と京大谷一とうだうだしていた頃、ランウェイ北側にあるマムシ山(通称コブラ山byTN-1)にうっすらと雲がかかり始めます。



実はこの山、ランウェイから3・400m程の所にあり、ここに雲がかかりだすとフライトはできないという目安の一つなのです!
つまり…雲底待機。
そしてそのまま撤収という流れになりました。
このまま仕切りなおして、明日1発目から第1Rを開始するという流れになります。
条件がないとわかっている今日と、1発目で条件が渋い明日なら、希望を見出すのは明日なはず!ということで明日がんばっていきます!





P.S.
第2Rの名大の発航順です。
成瀬:33
中村:26
岸:2

結構ばらけています。というかまた僕最初の方…。めげずに張り切っていこう!

久住山岳滑翔大会 Day3

こんばんは
2回の成瀬です

本日は停滞前線の影響で朝から雲底が低く、
ときおりぱらぱらと雨も降っていました



朝食後、いったん待機…
ナロマインや今までの山滑の映像を見せていただき、飛びたい飛びたい病に集団感染していました

その後は他大・山滑あてのたくさんの差し入れのお菓子をおすそ分けしてもらい、
順調にブタさんへの道を進むことと思われました

が、しかし予想より早く天気が回復し始め、13:00ごろR/Wへ
なんだかんだで今大会、初フライト!

観光もいいけどいい加減飛びたかった選手たちはうきうきとR/Wへ
直前で食当に指名された中村は日焼け止めをしっかり塗ったにもかかわらず宿舎でお留守番となりしょぼーん…
夕飯のハヤシライスおいしかったよ!

R/Wは午前中の名大ウェザブリの予報とははずれ、南東の風
久住の地形は難しいです…

ピス交、もといピスチェン準備中



~訓練中~


撤収ロング
毎回テンションあがりますこのアングル





雲底高度の目安となるマムシ山に雲がかかり始め、
再び細かい雨が降り始めたため慣熟フライト14発で撤収

名大では岸が初久住の空を体験してきました
感想は…明日書いてくれるはず!

私はぎりぎり飛べませんでしたが
一様に離脱高度が250~300mと低く、飛行時間も3~5分
久住、思ってたより渋いです(笑)

明日は朝から飛べる…かな?
ちゃっちゃか慣熟フライトをまわして、ぜひとも競技1ラウンドに入りたいです

twitter

最新記事

カレンダー

09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

プロフィール

HN:
名古屋大学航空部
性別:
非公開

バーコード

ブログ内検索

カウンター